入社して3年経った頃に転職

まず旧会社を辞めたいと思った時から就職活動を開始しました。辞めたいと思ったのは入社して3年経った頃でした。特に不満はなかったのですが将来を考えて安定のある会社へと思い辞める決意をいたしました。

平日は会社なのでハローワークに行く事が困難でしたので私はネットを利用しました。ネットで自分にあった仕事に応募をしてとりあえずは相手会社からの連絡を待ちつつ会社勤めをしていました。そのうちに現会社から書類選考通過の通知が届いたので、有給を頂き面接に行きました。面接先が本社なので新幹線を使いました。

一次面接に合格して二次面接の通知が届いたのでまた有給を頂き面接に行きました。最終面接の通知が届きそれも有給を使い面接に行きました。合否の連絡が来るまでは会社側には何も伝えていませんでした。特に辞めるために何かをしたということはありませんでした。なので普段通りに会社勤めをしながら合否の連絡待ちをしていました。

そして採用の連絡を頂きその時に初めて会社の方に辞めたいという事を伝えました。採用連絡がきたその日に退職したいと伝えたのでとても驚かれましたし困っていました。しかし転職先も決まり会社に未練もなかったのでどうにか納得して頂きました。どこも一緒だとは思いますが辞める時には最低でも一か月前には言うことが普通だと思います。なので私も転職先の会社には一か月後に入社したい迄を伝えて一か月後に退職し、退職した3日後に現在の会社へ入社いたしました。

旧会社の有給休暇が残っていたので消化したかったのですが転職先から早く来てもらいたいとの連絡がありましたので消化できませんでした。転職の際特に面倒な手続きもありませんでしたが引き継ぎがありましたので転職してからも2週間くらいは旧会社との連絡は取っていました。辞め時は勿論ですが保険証を会社へ返して退職届けを提出してすんなりと終わりました。

ハローワークは平日しかやっていないので会社を休んで行くわけにもいかずどうしようかと困っていましたが、今はネットでも簡単に就職活動ができてしまうのでとても便利です。何度も面接へ遠出をしなくてはいけなかったので大変でした。面接のたびに有給を頂き休んでいたので会社にも迷惑んかけてしまいましたが、採用されると思っていなかったので採用の連絡が来た時は驚きました。

自分の仕事を引き継ぐのに2週間かかったので旧会社との連絡のやりとりがなかなかうまく進まず長引いてしまいました。 しかし、旧会社側も現会社側も理解ある会社でしたのでどうにか上手く連絡を取り合って引き継ぎを行う事が出来ました。 引き継ぎもあまり難しい事ではなかったですが、部品のある場所や日誌の書き方仕事の進め方などを一から教えなければならなかったので面倒でした。

その後は特に問題もなく旧会社からの連絡も来なくなったので軌道に乗ったのだなと思いました。

転職はとても勇気のいることだし周りに迷惑をかけることもあったので正直迷いましたが転職をして良かったです。 やる事は沢山あるし時間も限られてしまうので働きながら就職活動をするのは容易ではなかったですが、家族の協力があったので出来たことだなと思います。

今は登録するだけでネットでも就職活動ができる時代なのでとても便利だし平日動けない私にとっては有難い事でした。旧会社には迷惑をかけてしまいましたが、しっかりと引き継ぎもできたので安心して退職して転職する事ができました。 転職する場合は次の仕事がきちんと見つかってから退職するほうがいいと思います。 私も何社か応募しましたがどこも書類選考すら通過できませんでした。 4社目でやっと書類選考に通過して採用できたので就職活動は簡単ではないのだなと改めて思いました。