正直であることが大事

転職を考えるようになってから始めたことはまず次の仕事先を見つけることです。私の場合はハローワークへは行かず、ネットで仕事を探せるサイトに登録しました。登録しておくと自分の希望勤務地や仕事内容、給与を紹介という形でメールを貰うことも出来るし、自分からネットに掲載されている求人へ応募したりしました。

新しい勤務先を決めてからその時働いていた職場を辞めようと思っていたので転職活動を始めてからもしばらくその時の仕事を続けていました。転職活動を始めてから約2ヶ月くらいで内定をもらいました。条件も合っていたのでいつから働くことが出来るかの返事を一旦保留にして旧勤務先に辞める旨を伝えました。

辞める理由を伝えるのは悩みました。すでに辞めた数人の同期もなかなか辞めさせてくれなかったと言っていたからです。同期の1人(女性)は簡単には辞めさせてくれないと知っていたので「結婚して遠くに引越することになった」と嘘を言ったそうです。それもいいかと思いましたが辞めてからも会うことがあるかもしれないのでその時に嘘がばれると気まずいので本当のことを言うことにしました。言った理由は「他にやりたいことが出来てその分野で働きたいと思ったから」と言いました。

もちろん話に聞いていた通り、簡単には辞めさせてくれませんでした。「でも今はスタッフが少ないので今辞められても会社としては困る」と言われました。もちろんそれで「はい、わかりました」と私も引き下がる訳にはいかないので、それでもやりたいことがあるということを強く説明し、上司からは一度更に上の人と話すので返事を待って欲しいと言われました。約1週間くらい待ったと思います。

1週間後くらいには上司から許可が出ました。但し新しく社員を入れる必要があり、その人に引継ぎを完全にしてから辞めて欲しいとのことなので上司に辞める旨を話してから約3ヶ月後に退職することになりました。退職日が決まってからすぐに新しい勤務先にいつ退職し、いつからそちらで勤務可能かの連絡をしました。

丁度採用活動をしていたようで、私が辞めることになってから2、3週間後に新しい社員が入ったので私が現在の仕事のことをいろいろ教えました。1ヶ月後には完璧ではないですが少しづつ覚えてきたので今の私の仕事の引継ぎを始めるようになりました。電話で取引先に連絡したり、お客様と直接会ったりです。私が辞めてからも先輩に助けて貰えるようにまだ在籍している同期に何かあった場合はよろしく頼むようお願いしました。

そして退職の1ヶ月前くらいから退職のための書類をもらったので記入を始めました。保険関係の資格消失の書類や退職届を正式なものに書いたりです。

そして退職の1、2週間前くらいから取引先に電話やメールで最後の挨拶の連絡をしました。そして職場内でお世話になった上司や先輩、仲良くなった同期や後輩にもしっかり挨拶しました。

退職日には仕事の後職場の人達が送迎会をしてくれ円満に退職することが出来ました。正直に言ったから後ろめたさは特にありませんでしたし、辞めた後も以前の職場と人と問題なく会うことが出来ているので嘘を言って辞めなくてよかったと思っています。 なので辞めようと思っている職場の人と今後一切関わるつもりがなければどんな理由を言ってもいいかもしれませんが、やっぱり素直に辞める理由を言った方が私はいいと思いました。結局転職活動を始めて、内定を貰い、職場を退職し、今の仕事を始めるまでは約半年くらいかかりました。もし転職をしたい時期が決まっているのでしたら、その時期より半年前くらいからは動き始めたらいいと思います。