念入りな転職準備でうまく脱出

半年の準備期間を経て、3年務めた会社から転職をしました。入社直後から「いつか自分は転職するんだろうな」という漠然とした気持ちはありました。

新卒で入った会社でしたし、いわゆる「いますぐ逃げた方が良いほどブラック」な会社ではなかったので、経歴を作るためと社会勉強のために3年働いてみようと考えました。 ある意味、「そのうち辞めよう。そのために今は働こう」と考えたことによって、ある程度理不尽な時にも開き直って働くことができたと思います。

入社して2年半が過ぎた頃に見回すと、同期で入社した者のうちで半分くらいが辞めていました。 そろそろ自分も転職を考える時期だと確信し、動き出すことにしました。 この時期が退職を決意した時期で、退職の半年前です。

3年務めたという経歴を作るために、半年後に退職する時期を設定しました。 転職する時は別の前向きな理由を付けましたが、本音では「この会社にいたらそのうちヤバイ」と感じたからです。 この気持ちは入社直後に何となく感じたもので、すぐ逃げた方が良いほどのブラック企業ではありませんでしたが、ちょっと世間と違う常識が蔓延っている会社でした。 「この会社のために身を粉にして働く」ことはありえませんし、「この会社で出世を目指して頑張りたい」という会社でもありませんでした。 開き直っていたから働けたものの、上司は自分の話ししかしない全く尊敬できない人で大嫌いでした。

半年間の転職準備期間があったので、準備は計画的に出来ました。 私の行った転職準備は、退職準備と転職活動に分かれます。 退職準備は、業務の引継、会社との交渉、有休消化があります。 業務の引継は、お客様に迷惑をかけたくないことと、退職後に上司と連絡を取りたくない気持ちが半分ずつでしたが、どちらにしろ全力で引継をまとめることに変わりはありませんでした。 会社との交渉は、私の前に辞めていった友人たちを見て会社がすんなりと辞めさせてくれないことは分かっていたので、ここにも力を残しておく配分にしました。 有休消化は、私の中で優先順位は低かったのですが、ダメ元という気持ちでした。 有休をとれない勤務体制で有休の日数だけは溜まっていたので、会社との交渉の材料として有休消化を主張することにしました。 転職活動は、自分の経歴の見直しと、具体的に転職先を見つけるための活動に分かれます。 自分の経歴の見直しは、自分だけでできるので楽しかったです。「今の会社では〇〇をやった」「△△の資格を取った」そういうことを重ねました。 具体的に活動をしたのは、インターネットの転職サイトを使うことにしました。

半年前に転職を決意し、まず私が行ったのは会社との交渉の材料を集めることです。 転職する意思を会社に悟られないようにしながら、退社時に有利になるようなことを集めてノートにまとめました。 残業代はでない会社だったので、出退勤の時刻と休憩の時間を淡々とノートに記しました。 次に業務の引継を円滑に行うために、業務マニュアルと引継書を作りました。 参考にするために転職サイトを覗いたりして、転職の体験談に励まされたりしました。 また自分の経歴の見直しを行い、自分のアピールポイントをまとめました。

転職の3ヵ月前になると転職サイトに、登録をしました。 まずは自分の条件を譲らずに1ヵ月頑張ってみようと思いました。 もともと平日休みのある会社だったので、面接の日程調整は難しいものではありませんでしたが、スーツ姿を見られないように気を使いました。 偶然に良い会社に巡り合い、内定をいただきました。

退職2か月前に、会社との交渉を始めました。 嫌いな上司に、具体的な退職日、有休消化として1ヵ月休むことを伝え、「よろしくお願いします」と言いました。 その後は上層部と何回か面接をし、上司に伝えたことと同じことをひたすら繰り返しました。 なかなか埒が明かなかったので、告げ口が大好きな同僚にこそっと「半年分の残業の記録」があることを伝えたりもしました。 当初は「1ヵ月の有休消化」は交渉の材料にすぎませんでしたが、退職の意志を発表してから会社でいじめられたので、そのまま強行しました。 引継のことを聞かれたのは職場へ行く最後の日の2日前でしたが、業務マニュアルと引継書のおかげで手短に伝えました。

無事に1ヵ月の有休消化を使い、予定通りに転職することが出来ました。

有休消化中にも上司から何度か電話が来てやり取りはしました。 転職後も留守電が入っていましたが、ちょっと忙しかったので折り返せていませんが何とかなっているようです。